アロマテラピー(フランス語: aromathérapie)は、花や木など植物に由来する芳香成分(精油)を用いて、心身の健康や美容を増進する技術もしくは行為のことをいいます。

アロマは芳香、テラピーは療法を意味するフランス語であり、これを英語で発音するとアロマセラピーとなります。お香やフレグランス・キャンドルも含め、生活に自然の香りを取り入れてストレスを解消したり心身をリラックスさせることも含めた総称となっています。

122images.jpg

 アロマオイルの持つ芳香には、「大脳辺縁系」が大きくかかわり、精油の香りを嗅ぐことで嗅覚を通じて大脳辺縁系から視床下部に伝えられ、自律神経を整えて身体の機能を調節する 「自然療法」です。


現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあります。

フランス系のアロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、医療分野で活用されています。

イギリス系のアロマテラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用されています。日本では主にリラクゼーションなどに施術されることが多いですね。

アージュでも心や体のリラクゼーションとして「自然の贈り物」=アロマオイルでの施術を行っています。

 

アロマテラピーの主役である精油は精油は数十から数百の揮発性有機物の混合物です。

その精油が心身に働きかける経路は二つあります。

ひとつは呼吸(嗅覚)、もうひとつは皮膚や粘膜を通して血流に乗り体内に入る経路です。
 

m11images.jpg

香りを嗅いだ時、呼吸とともに吸い込んだ精油成分の一部は気道の粘膜から血管に入ります。 さらに肺胞という酸素と二酸化炭素の交換をする組織の薄い膜を透過して血管に入り体内を循環します。

視床下部は身体機能の調整を行う中枢であるため、匂いは本能的に身体諸器官の反応を引き起こす鍵となりうるのです。

精油の香りによって得られる安心感・快感・緊張感・覚醒感・瞑想感などにともなう情動が、心身のバランスを促すことが期待されているのです。


そして、皮膚からの経路としては    精油成分は小さな分子構造であり、親油性ですのでバリアゾーン(角質層)を容易に通過します。 トリートメントで皮膚に塗られた精油成分は皮膚内に浸透し、真皮にある末梢血管やリンパ管に入り体内を循環します。

アロマトリートメントは、呼吸と皮膚から同時に体と心へ働きかけるのです。

すでにこれらは臨床データなどもありますが、多くの科学者や薬学者たちが追跡していますのでこれから益々の新しい発見が期待されている分野です。

 

アージュでは、アロマトリートメントのチョイスとして、精油とキャリアオイルをその時の状態で選んでいけます。

疲れているのに眠れない、極度の緊張、神経性の緊張に。関節炎、リューマチ、腰痛筋肉疲労がある・・・そんな時にはスウィート マジョラムSWEET MARJORAM、イランイランなど 情緒を温めてくれる精油を。

無月経、月経困難、ホルモンのバランス調整にも優れ、産後の抑うつ症に・・・そんな時はクラリーセージCLARY SAGE なんていかがでしょう。

たくさんの精油から全て選ぶのは難しいかもしれませんが、ひとつ・二つ選んでいただいたりもできますし、精油の特徴で選んだり。そんな精油選びのお手伝いをしながら心休まる精油を使っております。

もちろん、アージュで基本のブレンドオイルをご用意しておりますのでそのままお使い頂いたりもしております。

 

精油ととに使用するのがキャリアオイルです。

images111.jpg

キャリアオイルの目的は様々ありますが“溶かし、希釈し、体内に行き渡らせる”、つまり“運ぶ”役割を担っているために”キャリアオイル”と呼ばれるのです。
(“ベースオイル”と呼ぶ事もあります。)

・ エッセンシャルオイルを希釈する(同時に成分を肌上に留める効果)

・ 皮膚への栄養分補給(ビタミン類や必須脂肪酸類)

・ エッセンシャルオイルの成分を体内へ運ぶ

・ 肌の軟化作用および油分がマッサージを滑らかにする

などがあげられます。そして天然に近い、植物本来の力をそのまま残したオイルが、理想的です。

アージュでは、
・ 100%天然
・ 低温圧搾法(コールドプレス)で抽出
 されたキャリアオイルを使っています。

またキャリアオイルは、各々が特有の栄養素・ビタミン・ミネラルを持ちます。

そして各種異なった“脂肪酸類”で構成されているのですが、
中には私達が健康を保ち続けるために大切な“必須脂肪酸”
αリノレン酸やγリノレン酸といった、“私達が体内で作ることの出来ない脂肪酸”を
含有するキャリアオイルもあります。

このキャリアオイルを主に肌の状態で使い分けています。

もちろん季節によっても肌の条件は違いますので夏と冬では選択肢も異なります。

つまり、キャリアオイルもエッセンシャルオイルと同様、
目的に応じて使い分ける事で高い効果が生まれるのです。

アージュでは10種類以上のキャリアオイルで希釈できるようにしております。