アーユルヴェーダとは?

インド医学=本場「ケララ」から始まった

「アーユルヴェーダ」と「考え方」とは?

まだ、聞きなれない言葉かもしれません。

アーユルヴェーダとは、インドで発祥した伝統医学の事で、

中国医学・西洋医学(中医学/ギリシャ医学)と共に、世界三大医学の一つです。

アーユルヴェータはWHO(世界保健機構)によって公式に承認されています。

西洋医学が病気の元、症状を取り除く「治療医学」なのに対し、アーユルヴェーダの治療法は、簡単に言えば、体の「消化力を高め」「デトックスする」考えです。

未病といわれる体調不良による、自然治癒力を増幅し「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」3つのドーシャを整えることで、本来の自分(プラクリティ)に近づけます。

より健康に長寿や若さを保つことを目的とした予防医学として近年再び先進国で脚光を浴びています。アーユルヴェーダは5000年以上にわたり継承されてきた世界最古といわれる療法ですが日本では自然療法/民間療法のひとつとして利用され、オイルトリートメントは、オイルマッサージからオイルヒーリングまで多岐に渡るっています。

インドの本場「ケララ」ではいたるところに専門医が開院していますが、アーユルヴェーダ医院(パンチャカルマ・専門ドクター)は残念ながら高知のアーユルヴェーダでは、見たことはありません。

 

*アージュはアーユルヴェーダオイルを使用したオイルトリートメントを施術しております。オイルトリートメントにはドーシャタイプにあわせたものを使います。尚アーユルヴェーダの治療(パンチャカルマ等)は医療行為ですので医師・治療院以外のサロンで行うことはできません。あくまでも一つの「健康・美容の民間療法」とお考えご利用ください