インド医学に基づくアーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダという言葉は”アーユ”と”ヴェーダ”の2つの語から成り立っています。
”アーユ”は、【生命】の意味、”ヴェーダ”【知識または科学】という意味です。
したがってアーユルヴェーダとは、【生命の科学】という意味です。

 アーユルヴェーダとは、インドで発祥した伝統医学の事で、アーユルヴェーダ・

中国医学・西洋医学(中医学/ギリシャ医学)と共に、世界三大医学の一つです。

アーユルヴェータはWHO(世界保健機構)によって公式に承認されています。

西洋医学が病気の元、症状を取り除く「治療医学」なのに対し、アーユルヴェーダの治療法は、主に体の消化力を高めるいわば{デトックス療法}!です。

未病といわれる体調不良、自然治癒力を増幅し3つのドーシャを整えることで、本来の自分に近づけます。より健康に長寿や若さを保つことを目的とした予防医学です。アーユルヴェーダは5000年以上にわたり継承されてきた世界最古といわれる療法ですが日本では自然療法/民間療法のひとつとして利用されています。

インドの本場「ケララ」ではいたるところに専門医が開院していますが、アーユルヴェーダ医院(専門ドクター)は残念ながら高知では、見ることがありません

 

アーユルヴェーダでデトックス

物がありふれた今の時代。本当に必要なものを生活にも体に取り入れたい!

体の不調を改善するために・必要なこと。まずは!!

不要物質を体から、とことん取り除く(デトックスする)ことです。

日本を初め先進国では、アーユルヴェーダの豊富な知識を民間療法や美容トリートメントという形で幅広くサロンでも応用されています。

アージュでは、アビヤンガ・、ガルシャナ、・キリ、・シロダーラ、・デトックス発汗法をお客様のドーシャの乱れに対し個々の薬草オイルでの施術をしております。体の不調やデトックスとは「与える」より、まずは「取り除くこと」からです。

*ただし、医療行為である「耳・鼻・浣腸」などのアーユルヴェーダ・パンチャカルマの行為は医師なしで行うことはできません。これらのデトックス法をサロンで行うことは医師法違反になります。

 

アーユルヴェーダの薬草オイルについて

 

アージュでは、アーユルヴェーダ施術には全てケララから直輸入の薬草オイルを使用しております。

 

アーユルヴェーダ発祥の「ケララ」からアーユルヴェータ伝承の「処方ハーブ」を取り入れることで、本場のアーユルヴェーダ薬草オイルを用いたリラクゼーション・痩身効果の高い独自のオリジナル施術を行っています。

目的に応じて定期的に受けていただくことで、からだの毒素排泄を促しながら、鈍っていた五感を刺激し、3つのドーシャ「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」を整え、自己治癒力を高めながら体の不調改善とリバウンドしにくい体質改善を目指します。

 

薬草オイルにもこだわっています。

アーユルヴェーダの命は「オイル」にあります。

アーユルヴェーダオイルによって施術後の代謝や体調を左右するといっても過言ではありません。高知ではまだまだアーユルヴェーダは浸透していませんが現代社会においての不調は今後このような「自己再生能力」を高め、自分で体質理解し、自分と付き合いコントロールできるようになることが大切になってくると思います。

 

オイルを作る?!

アーユルヴェーダオイルはモノにより、数年たっても(熟成?)使用できるといわれたりもしておりますが

薬草オイルはやはり、新しく、作りたてが一番で効果は断然高いです。

元来、酸化する性質のオイルを長く保存することはよくありません。

酸化し始めたオイルは「特有の臭い」でわかります。

アーユルヴェーダサロンに行く時は、是非ご自分でオイルを確かめてみましょう。

 

アージュではハーブにこだわり色々試してみました。

インドから「医師の処方した薬草オイル」というものも直接仕入れなどしてみましたが、日本ほど品質管理が信用できませんし、インド大手メーカーのオイルも個人が安全に使える程度の効能しか結果が出せませんでした。

そこで、私のアーユルヴェータの師匠にお願いして(インド医師のもとに在住し、治療院秘伝の薬草オイルを日本で初めて用いた私の先生です)特別に「体質別の薬草ハーブ」を提供していただいております。これは、約30種類以上のハーブを使いそれぞれのドーシャの乱れに対応できる本物の秘伝薬草ブレンドですので、ハーブの細かい分量なども秘密です。

この薬草ハーブをインドから直輸入したのち、「自家・薬草オイル」を作っています。

 

オイル作りは、焦げたりしないようにじっくりと煮出し一日がかりで仕上げます。

手間はかかりますが2週間以内に使いきる分量しか一度に作りません。

しかし、こうして出来た薬草オイルはハーブの香りのたつ、何とも言えないオイルへと変わります。

オイリスト アージュではアーユルヴェータの施術は全てこの薬草オイル使用です。

 

 

アーユルヴェータマッサージは「アビヤンガ」「アヴィヤンガ」といいます

アージュ オリジナルのリンパ系マッサージとともにアーユルヴェーダ マッサージの「アヴィヤンガ」を提供しています。

 

アヴィヤンガとは、『愛のこもった滑らかな手』という意味があります。
インドの伝統医学でもあるアーユルヴェーダで行うオイルトリートメント(マッサージ)の名称です。

アビヤンカは独特のダイナミックなマッサージが特徴です。アビヤンガの大切な目的はしっかり体質別の薬用オイルを体に「すりこむ」ことです。ドーシャにあったオイルは皮膚から十分に吸収され、体の免疫系にも働きかけます。

ドーシャの乱れは心や体のアンバランスという考え方から、アーマ「毒素」となる老廃物や不純物を排出をスムーズにし、マルマを刺激します。これらは体内の毒素として主に汗、尿、便として排出されることで身体の機能を回復させます。


アヴィヤンガ=マッサージで十分にお身体は解れ代謝促進が期待できます。

アーユルヴェータ薬草オイルを使っての通常のオリジナル・リンパドレナージュマッサージもできます。


*インド・ケララではアヴィヤンガとパンチャカルマを組み合わせた上で、食事療法、医師から天然の薬草から処方される内服オイル、外服オイルなどがチョイスされます。

 

仕上げの毒素排泄

 

アーユルヴェーダの考え方に基づいた「デトックス」=「仕上げ」と考えます

オイルセラピーでのお手入れは、

①セルライトにも十分オイルを吸収させ、

②油性の毒素(アーマ)や皮膚・体にしっかりオイルを入れた、

③最後のデトックスの仕上げは「毒素排泄」そのものです。

 

まさに、「油の汚れは油で溶かし落とす」です!

 

薬草オイルを体に入れることで人にもよりますが体は少し重く感じます。

これは体内で自然浄化が始まり、本来の自分の姿に戻ろうとしていることもあります。

ここで、重要なのは「発汗」です。

 

発汗させることで体の溶けだそうとしている毒素排泄を促進することができます。

自然に尿や汗からも水溶性の毒素は排泄されます。けれどもっとしっかりデトックスするためにオイリスト アージュでは「デトックス・ドーム」を使用します。

30分間で体の奥に溜まった皮脂腺からの「乳化した汗」をかけます。

汗の色も透明~茶色っぽい色まで健康状態などにより様々です。

 

もちろん、痩身効果や冷え性対策でのご利用もできます。

体の中のいらないものを、どんどん流してあげてくださいね。

 

「デトックス・ドーム」について *以下メーカーより抜粋

fuzikaase.jpg

汗と同時に脂肪や老廃物が出せる!

『生体専用遠赤外線面状カーボンヒーター』とよばれるカーボンブラック()から発せられる遠赤外線が、心地よくしかも皮膚の深層部にある皮脂腺にまで働きかけて汗を排出させるのです。もともと人体と同じ有機物である炭には、人体の細胞と深い関係が有ることが解っています。もちろん天然の素材ですから、人体には全く害をおよぼすことはありません。皮脂腺からの汗をかくには30km近くマラソンをするなど相当量の運動をおこなうほか手段がありません。ところがドーム内に入ると、約1015分程で発汗が始まり、皮脂腺からの汗をかくことができるのです。そして皮脂腺など皮膚の深層部に働きかけ、汗とともに気になる毒素も排出することができるわけです。

有害物質も脂肪とともに排出するデトックスができる
体内に蓄積した水銀やヒ素など毒素である有害ミネラル(重金属)、添加物や農薬、ダイオキシン、活性酸素種発生物質など健康に有害な物質を追い出すこと(デトックス)ができます

30分で500ml~1.2リットルもの汗がかけ290580キロカロリーを消費
(最大出力時・個人差があります)
運動不足の解消に。息苦しさや疲れがないから介護用にも最適

独自の構造により体全体を芯から温める
体温が1度上昇すると、6倍も免疫力がアップします
(輻射熱とは柔らかく全体を包み込む熱のこと。1個所を集中して温めるよりも温かく感じます)


30分寝るだけで個人差はありますが約1リットルもの大量な汗 汗と同時に脂肪や老廃物が出せる! ダイエットや毒素排出(デトックス)に最適 冷え取り健康法に 冷え、脂肪、セルライト、毒素、肌荒れでお悩みの方に 美容健康を求める方に。妊娠前のお母さんの有毒物質対策にも・・・




 

 

シロダーラまたはシローダーラなどと呼ばれています。

インド・アーユルヴェーダでは超有名なお手入れの一つでマッサージを10回受けるくらいの効果が1度で味わえる!といわれるほどです。

「脳のマッサージ」となどといわれ、かなりストレスのたまった方、自律神経を休めたい方には特にお勧めです。

 

心地よく温めたオイルを絶え間なく眉間に垂らし続けるシロダーラはアーユルヴェーダ究極のトリートメント。はじめは、なんとも不思議な感じなのですが、オイルの重みも心地よさが味わえることでしょう。体にも精神にも深いリラクゼーションをもたらします。眠りながら心身ともに癒されてください。

 

*約1Lは必要な「シローダーラ」は、基本は前日に作ったオイルを使います。

申し訳ございませんが、シローダーラご希望の方は2日前までの完全予約制です。

 

 

 

 
特徴
ヴァータは一瞬もじっとしていない「風」の性質を持つ生命エネルギーです。

主な性質は、「風」からもイメージできるとおり、”冷たい”、”乾燥している”、”動く”などです。人体内のすべての動く力にかかわっています。

手足を動かしたり、食べ物としてとりいれた栄養物を運んだり、老廃物を排泄したり神経系の伝達機能もヴァータの働きです。ヴァータの性質を強くもっている ひとは、小さい頃からスリムな体型で 肌は乾燥しています。「風」の動く性質の影響から、好奇心旺盛で、なんにでもチャレンジしますがあきっぽい性格で す。とてもおしゃべり好きで、早口です。
バランスが崩れると
ヴァータのバランスがくずれると、筋肉痛、関節痛、頭痛などの痛みが出たり、便秘がちになります。
また体の冷えもきになります。気分がころころと変化して精神的にいらいらしよく眠れないといった症状がおきます


対策
温かくて適度に油分を含む食事をしましょう。
生活のリズムを作るように心がけ、眠れない夜はホットミルクにギーを大さじ1入れて飲むとよいでしょう。
 
特徴
ピッタはめらめらと燃え盛る「火」の性質を持つ生命エネルギーです。

「火」からイメージできるように、その性質には、「温かい」「鋭い」「流動する」などがあります。ピッタは燃焼することで物質を変化させ、熱を発生させます。

人間にあてはめると、取り入れた食物を消化、代謝して体の栄養にし、生命維持に役立てています。
また、大脳で行われる知的な理解に深く関係します。
外からの情報を消化して自己の知識としいざというときの助けにします。
ピッタの性質が強い人は、基礎代謝量がおおく汗をかきやすい傾向があります。
女性では月経のとき比較的出血が長く続くようです。

性格的には、知性と集中力があり性格はあかるくリーダータイプで人から好かれます。

バランスが崩れると
ピッタのバランスがくずれると 「火」の性質が強くなるということなので異常に高い熱をだしたり、胃のトラブルや皮膚の症状としてあらわれやすくなります。
代謝量があがるので異様にのどがかわいたり、汗が大量にでるのことで体臭がきつくなったりします。さらに異常な空腹感があり冷たいものを好むようになります。いらいらして怒りっぽくなる傾向があります。
対策
果物、ギー(無塩バターから精製)はピッタの熱をさげるのにすすめられます。
甘いものも程ほどにとると 鋭敏な感情を緩和することができます。
競争心が強いので、勝ち負けのあるものはひかえるようにしましょう。
 
特徴
カファは物質をむすびつける「水」と「地(土)」の性質をもつ生命エネルギーです。

他の二つのドーシャ、「ヴァータ」と「ピッタ」が担っている「運動」と「燃焼」は 変わりやすく不安定な働きですが、それを安定させようとして形を維持するために働くのが「カファ」です。

主な性質は、「重い」「冷たい」「油性」などです。

カファは、ピッタの消化やヴァータの輸送を助けるために「水分」として唾液や消化液、消化ホルモンをだしたり、消化された栄養分を結合させて体の血や骨、筋肉をつくるはたらきもあります。

カファの性質を強く持つ人は、体が大きくがっしりとしていますが やさしく柔和な雰囲気ももっています。やさしく大きなひとみが特徴で のびりしています。なんでもスタートはおくれますが、一度はじめたらとことんやりとげる持久力や、忍耐力、体力にすぐれています。
バランスが崩れると

カファがバランスをくずすと、「水」のエネルギーが多くなってしまうために 体が冷え、むくみやすく、だるく感じるでしょう。食欲不振になりますが、基礎代謝量が低いことで過度の肥満におちいることがあります。

もともとエネルギーを蓄える性質があるので、バランスがくずれると 
栄養物がうまく輸送経路にのりきれなくなり、体脂肪がたまってしまいます。
やる気がなくなったり、怠慢になりがちです。

対策

積極的に体をうごかしましょう。運動して十分汗をかくとカファが緩和するので爽快に感じるはずです。
甘いものは控えましょう。ただし、ハチミツはカファを減らすのですすめられます。ただしハチミツの性質上あたためてはいけません。
食べ物は 温かくてスパイシーなものを心がけましょう。

オイルセラピー・・・いろんな解釈が出来ます

アロマオイルでオイルマッサージ。アーユルヴェーダでオイルマッサージ。

いずれも上質なマッサージオイルを使用して全身をオイルによる解毒効果、促進、改善がなされることが目的です。アロマ、アーユルヴェーダ、シッダなど様々な処方や流派?のようなものがありますが、大部分はオイルによる治療や改善、リラクゼーションなどです。

アージュでは主に、アーユルヴェーダオイルを用いた「オイルセラピー」が主流です。

インド ケララ流派(といっておきましょう?!)です。

そのため使用しているハーブもオイルもケララのものがほとんどですが、自宅用の「セルフケア用」だけは、薬事法(化粧品表示等)の関係上もありシッダ医学に基ずいたオイルにしています。

その効果は、素晴らしいものがあります。

自分の体は自分でコントロールする

気持ちは自分の中にあるということ・・・

こんな簡単そうなことがなかなかできずに、体調や気持ちがばらついてしまう。

そんなときには是非、オイルセラピーをお試しくださいね。オイルマッサージ・オイルセラピーで「自身の気づきと行動パターンの修正」を意識することで、体は健やかになっていきます。 

そして、これはアージュ独自の考え方かもしれませんがアーユルヴェーダなどの国の違いによる少し受け入れにくい施術はあえていれていません。本場の味は本場で味わうからこそ!という思いもあります。(結局本場仕込み!といってもここはインドではないですし気候も文化も違いますから)

「本場同様に!?」・・・

そんな事よりもこの素晴らしい「アーユルヴェーダの科学=オイルセラピー」として長く優しく、身近に!手軽に皆さんの生活に取り入れられること。少しでも気持ちも体も自分らしく居られるようにお手伝いしたい思いでオイルセラピーをしています。

 

 オイルマッサージ・リラクゼーションマッサージにもたくさんの「種類」「手技」があります。

例えば、オイルマッサージは基本のスウェディシュ法を基にし殆どが成っています。そこに各お国柄?(技法)も重なりロミロミ・アビィヤンガ・タイセラピー・ディープテシュー・エサレンなどなど各名称(技術・目的)があります。

マッサージ名称が違うということは、当然マッサージの「触れる」という目的の意味合いもちょっぴり変わりますね。

 

長い間、様々にオイルマッサージのワーク・手技・目的というものを学んできましたがその中で「大切なのは状況に合わせて何をチョイス(使う)のか」と「その手技を使う目的」=目的地へのアプローチ方法いうことの大切さです。

アージュではこれらの手技をうまく調和させ、統合した状態で今日のあなたとボディコンタクトをとりながら、今のあなたに最適なマッサージをお届けしております。

 

毎日の大なり小なりストレスや、自分のキャパを超えた生活や環境、体の疲れ、そして想いや迷い。

もっと静かに・・もっと深く・・本当の自分に気づき、認め、寄り添っていく・・・

それは優しく、静かにやってきます

IMG_20140908_104903.JPG

そんな「深くて静かな世界」をマッサージで表現・体験していただければな、という思いです。

 

オイルマッサージを受けるその時だけは

「今、ここ」だけに世界をフォーカスしてみませんか

 

 

ボディトークをするとたくさんの情報があなたからあふれています。

例えば肩こりなどの場合でも、リンパの流れが滞っている時、筋肉自体が固くなりすぎている時、可動域が制限してしまっているとき・・・同じ肩こりでも原因は違う所にあります。

これらの本当の原因を探し推測し、その部分にそして全体に向かって繋げるためにどうアプローチするのかが施術者の技量です。

例えば、

今日はどちらかと言えば可動域を広げるスポーツマッサージとディープマッサージをメインに疲れの根本にアプローチ

今日はリンパドレナージュを中心にして薬草オイル・アーユルヴェーデックオイルをたっぷりと使い、デトックスにフォーカス

今日はエサレンマッサージのロングストロークでより深く優しく解放・統合させていく

・・・このように、今の状態を見定めて施術も変化させていきます

あなたの「何か」を変えるのではなく、ただあなたの中で疲れを感じている・本当の自分に気づき寄り添って解放するだけで本物のリラクゼーション・ヒーリングに出会えると思います。

 

アージュではそんなリラクゼーション・ヒーリングマッサージをお伝えしています

 ★オイリストアージュのオイルマッサージ★

*「施術結果=目的地」をお客様とご相談しながらアプローチ方法を決めています

スウェディシュマッサージ・アーユルヴェーダマッサージ・ロミロミ・ディープティシュー・アロママッサージ・スポーツマッサージ・エサレンマッサージ・筋、筋膜リリース・リンパドレナージュ・関節可動・ムーブメント・などを組み合わせたオリジナルマッサージをお客様の状態に合わせてレスポンスしています