ドーシャチェック・ピッタ=火

 
特徴
ピッタはめらめらと燃え盛る「火」の性質を持つ生命エネルギーです。

「火」からイメージできるように、その性質には、「温かい」「鋭い」「流動する」などがあります。ピッタは燃焼することで物質を変化させ、熱を発生させます。

人間にあてはめると、取り入れた食物を消化、代謝して体の栄養にし、生命維持に役立てています。
また、大脳で行われる知的な理解に深く関係します。
外からの情報を消化して自己の知識としいざというときの助けにします。
ピッタの性質が強い人は、基礎代謝量がおおく汗をかきやすい傾向があります。
女性では月経のとき比較的出血が長く続くようです。

性格的には、知性と集中力があり性格はあかるくリーダータイプで人から好かれます。

バランスが崩れると
ピッタのバランスがくずれると 「火」の性質が強くなるということなので異常に高い熱をだしたり、胃のトラブルや皮膚の症状としてあらわれやすくなります。
代謝量があがるので異様にのどがかわいたり、汗が大量にでるのことで体臭がきつくなったりします。さらに異常な空腹感があり冷たいものを好むようになります。いらいらして怒りっぽくなる傾向があります。
対策
果物、ギー(無塩バターから精製)はピッタの熱をさげるのにすすめられます。
甘いものも程ほどにとると 鋭敏な感情を緩和することができます。
競争心が強いので、勝ち負けのあるものはひかえるようにしましょう。